かな全部でパズル

  • かな全部でパズル 骨折りヘコみ やつれゆく 負けぬよ笑え ひたむきに 一路目指そう 文字のアートを
  • かなぜんぶでぱずる ほねおりへこみ やつれゆく まけぬよわらえ ひたむきに いちろめざそう もじのあーとを
  • かな文字全部で作るパズル。試行錯誤を重ね苦労しても行き詰まってヘコみ、やつれていく。でも負けないぞ、こういうときこそニッコリ笑って楽しく挑むのだ。ひたむきに一路目指そう、整然とした日本語表現が織りなされた「文字のアート」を。

かなパズルでかなパズルについて描きます。

いろは歌で有名な日本語のパングラムには固有名がなく、そのことにもどかしさを覚えた私は、仕組みが原理的にパズルと同じことから「かな文字のパズル」略して「かなパズル」と名づけました。
その名称にちなみつつ、このことば遊びを表現したのが今回の作品です。

かなパズルのトップページに書いてあることだけれど、まずは名前の由来を改めて詳しくご説明しましょう。
100ピースのパズルにとり組むことをご想像ください。ピースに描かれている絵柄は1つ1つ異なり、それらはフレームのなかのどこか1回でしか使うことができません。また、「97ピースで完成した」とか「数えてみたら105ピースだった」といったことはあり得ず、必ずジャスト100ピースを使用します。そしてすべてのピースが無理なく組み合わさってフレーム内に収まったとき、完成された図柄が現れる。
日本語に限らず、あらゆる言語におけるパングラムも原理は同じですよね。各々の言語を構成するそれぞれ柄が異なった一定数の文字を過不足なく用いて組み合わせることで、有意味な言語表現を形作るわけです。
日本語の場合はあ~んのかなが使われ、口語なら46コ、文語なら「ゐ」と「ゑ」を加えた48コが1つも余すことなく欠かすことなく組み合わされるとでき上がる。要するにかな文字のパズルであり、だからかなパズルです。

呼称の理由は概ね以上の通りですが、それとはまた別の意図も込められています。
それはつまり、パズルであるからには隅から隅まで不明瞭なところなくクリアであってほしいということ。すべてのピースが正しく組み合わされているのに、でき上がった図柄はなにが描かれているのか判然としない、ところどころモザイクがかかっているようにぼやけている。犬が描かれているらしいけれど、よく見ると尻尾が2本生えている、目の位置がおかしい。風景画なのに家具や食べ物が紛れ込んでいる。そんなできそこないのパズルはイヤですよね。具体的な言及は控えますが、一連の例えは古今のかなパズルの大半に付随する語法や結構の不自然さを比喩的に表現したものです。
かなパズルと命名した私のなすべきことは、それこそパズルのように明瞭な図柄が描けることを実証していくことでしょう。作品を通してそのことをみなさんに承認していただき、パングラムの新たな歴史を拓くことができたなら、こんなにうれしいことはありません。

それでは、かなパズルで自然な日本語表現を織りなすことが可能であることを、改めてこの作品を実例としてお示ししたいと思います。
パングラムのことをあまりご存じない方にとっては、一読するだけでは文意がつかみにくいかもしれません。でも、順を追ってご説明していけば「なるほどね」と感じていただけるはずです。
作成に先立ち、「かな」「パズル」「文字アート」をキーワードに設定していました。このことば遊びが「かな」文字の「パズル」であること、そして目標が「文字のアート」であることをいちばん訴えたかったからです。かなパズルの条件をお考えになれば、文意のコントロールが難しいことは容易にご想像できるでしょう。じっさい当初の目論み通りにならないほうが多く、そこがまた魅力の1つでもあるけれど、今回はキーワードをそのまま活かすことができ、具体的な内容もほぼ狙っていた具合に収まりました。

さて、まずタイトルでもある初句の「かな全部でパズル」が日本語のパングラムを端的に表しており、冒頭からお話ししてきたようにかな文字をすべて使ったパズルであるということです。
「骨折りヘコみ やつれゆく」では作成の難しさを表現。かなを50文字近くにわたって重複させず、なおかつあ~んをもれなく用いるという束縛されたルールのなか、ことばづかいも結構も整えるというのだから簡単であるはずがありません。古来難解なことば遊びとされてきた所以です。あれやこれやと試行錯誤して「骨」を「折り」即ち苦労をしても上手くいかないから、気落ちし即ち「ヘコみ」、疲れ果てて「やつれゆく」。「やつれゆく」はもちろん比喩ですが、作った経験のある方はこの気持ちがよくお分かりでしょう。
つづく「負けぬよ笑え」では、それでも負けるものかと気持ちを奮い立たせ、たかがことば遊びなんだからニッコリ笑って臨みなさいと発破をかけているわけです。困難な状況でこそリラックスした楽しい気分でいるよう努めることは分野を問わず大切ですよね。
最後の3句「ひたむきに 一路目指そう 文字のアートを」の「ひたむきに一路目指そう」はそのまま文字通り。ではなにを目指すのかと言えば、整然とした日本語表現になるようかな文字を組み合わせることにほかなりません。そして不自然な厳しい制約のなかで自然な表現を生み出すことができたなら、それを「文字のアート」と呼んでも的外れではないはずです。「文字のアート」という比喩については、例えば「現代書道は文字のアートだ」と聞いてもまったく違和感がないでしょう。かなパズルにもあてはまる言い回しだと思い、サイトでもツイッターの投稿でも以前から使用していたのでぜひ盛り込みたいと考えていました。
以上をまとめると、日本語のパングラムはかな文字をすべて用いたパズルである、その作成はとっても難しい、でも諦めず楽しく挑むぞ、そして目標は文字のアートだ、となります。

いかがでしょう。ことばづかいに無理・曖昧な点がなく、一言一句その趣旨から外れていないのはもとより、内容面に関しても起承転結というのは大げさにせよ、ことば遊びの一種であるかなパズルについて言及した、筋の通った展開の仕方になっているとご納得いただけるのではないでしょうか。

かなパズルで第一に目指すのは、人を感動させる物語でも、見事に彫琢された詩でも、理路の透徹した論文でもありません。ふつうに理解の得られる、一般的・常識的な範囲でことばづかいと結構の整った表現です。
言わば、日本語の基礎部分が問われていることになる。したがってネイティブ――日本語に深く習熟した人――であれば自作でも他人の作品でもその出来をほぼ客観的に、またさほどの困難なく評価することができるはずです。例えば「ぼくに図書館へ行く」という1文は、だれが書いたかによらず文法的に誤っていると判断できますよね。これはあまりにも分かりやすい例ですが、換言すればネイティブが見聞きしたら直感的に違和感を覚えるような語法や結構を含んでいないか、をチェックすればいいということです。私はそのような認識のもと、いち母語話者としての自覚にもとづいて、この作品を自然な日本語として問題がないと評価しました。それは基本的に他の作品についても変わりませんが、どの作品であっても不審に思われる点がありましたら遠慮なくお知らせください。

ところで、以前にもかなパズルを題材にした作品を作っており、そのときはその内容をなぞるかのように短時間で完成しました。そしてなんと今回の作成過程も、まるで図ったみたいにその内容をなぞる感じになったのです。どれだけ組み合わせを試しても思うように進まず心が折れそうになりながら、でも奮起して楽しくチャレンジしつづけた結果、明瞭なパズルに仕上がったという次第。
また、今回はかな文字をパズルのピースに見立てたデザインにしてみたのですが、初句が9文字であとは5文字と7文字――尾句は長音が入っていますが――といずれも奇数になり、ふつうのパズルという意味でもシンメトリーでバランスのいい形になった気がします。

かなパズルでは、このような不可思議な出来事をこれまで幾度も経験してきました。作り手の予想もしないことが起こる、ほんとうに魅力的なことば遊びです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました