モンスター井上尚弥

  • モンスター 井上尚弥 ひしと歩む 敵下げられ パニックを かわせぬブロー 骨へめり込み 血染まる夜
  • もんすたー いのうえなおや ひしとあゆむ てきさげられ ぱにっくを かわせぬぶろー ほねへめりこみ ちそまるよ
  • モンスター・井上尚弥はひしと歩んでいく。そのプレッシャーに敵は下げられパニックを起こす。かわせぬブローが骨へめり込み、相手は血に染まる夜だ。

中学生のころからボクシング観戦をしています。階級差をないものと仮定したらだれが最強なのか、いわゆる「パウンド・フォー・パウンド」の議論はすっかりおなじみになっているけれど、現在井上選手はトップ3に入り、ナンバーワンも狙えると世界的に評価されています。日本人がそんな上位にランクするなんて一昔前では考えられないことでした。魅力も申し分ないのでぜひ1位に輝いてほしい。

マニアックな話になりますが、リアルタイムで観てきたボクサーのなかでは1990年代後半から2000年代前半にかけて活躍した、ロシアのコンスタンチン・チューという選手がいちばん好きです。頑健な体軀と強力なパンチ力を活かした、ふつうのボクサーらしからぬ独特のスタイルで一世を風靡しました。でも「ん」が3つかぶり「ち」が2つかぶりと、かなパズルにはまるで向きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました