コロナウイルス

  • コロナウイルス ジワリ伏せ 時経ち病むぞ あけぼのへ パンデミック 世をマヒに 抑えられぬ 夢かもね
  • ころなういるす じわりふせ ときたちやむぞ あけぼのへ ぱんでみっく よをまひに おさえられぬ ゆめかもね
  • コロナウイルスはジワリと潜伏し、時間が経つと症状が顕在化して表れる。パンデミックが世界をマヒ状態に。なかなか抑えることができない。なにか悪い夢でも見ているのか、そう思いたい。

新型コロナウイルスです。

世界中に蔓延し、死者数も日に日に増加していることを考えると、楽観的な気分を抱くこともできなくなってきました。日本でも東京にイヤな兆候が見られます。ここで拡大し出したらと思うとちょっとコワい。有効な治療薬が開発・発見されて一日も早く収束するのを願うばかりです。

ムリのない仕上がりになり、口語としては完璧な七五調(75757575のうち、7字の2つが6字)になりました。
作品の出来には満足だけれど、あまり喜ぶ気になれない複雑な心境です。

語法について、「あけぼの」を見出したことが大きかったと思います。あけぼの(曙)は夜が明けることだから、見えなかったものが顕在化するという潜伏期から発症への比喩として使えますよね。と同時に、感染拡大の始まりという意味合いにもなる。掛詞(かけことば)のような役割を果たしてくれ、「あけぼのへ」を仲立ちとして全体の流れがなめらかになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました