ハロウィーン

  • カボチャ・あめ 魔女を押さえて ひーふーみー 除けぬグッズ ベリーキュートな子らもね 似せたわむれる ハロウィーン
  • かぼちゃあめ まじょをおさえて ひーふーみー のぞけぬぐっず べりーきゅーとなこらもね にせたわむれる はろうぃーん
  • カボチャにあめ、魔女をしっかり用意してよ。ひとつふたつみっつと、外すことのできないグッズだから。主役であるとってもキュートな子供たちも欠かせないね。そんな子供たちを含め、みながそれぞれに仮装してたわむれるハロウィーン。

ハロウィーンです。

「ハロウィーン」と代名詞である「カボチャ」で文字がかぶっていないことから作ろうと思い立ちました。
最近でこそメディアでとり上げられ日本にとり入れられてきつつあるけれど、私が子供のころはまったく根付いていなかった催しです。だから具体的実感がまるでなく、ことばがとんと浮かんできません。必然的な帰結でしょうか、「アマビヱ」や「平手友梨奈」、「Mrs. GREEN APPLE」に連なるような、関心も知識もない事柄であるがゆえの苦難をまた味わうことになりました。

せっかくハロウィーンをテーマにするのだから、子供でも一読すればパッと分かるやさしいことばづかいでスッキリした内容にしたかったけれど、力が及びませんでした。最初は訳と併せてご覧にならないと全体の流れが把握しにくいかもしれません。
無理のない文意に収まっているとは思うのですが、悔しさが残ります。

作成について。
ネットで調べ、キーワードを選定しながら、主役である子供たちのこと、おやつのこと、仮装のことを盛り込みたいと臨みました。
子供は「ベリーキュートな子ら」と表現でき、おやつも代表格であるキャンディを「あめ」として入れることができ、後述しますが仮装についても解決。
半分ほどがほぼ決まった状態から、「除けぬグッズ」「押さえて」「ひーふーみー」の箇所、すなわち「え、お、く、け、さ、す、そ、つ、て、ぬ、の、ひ、ふ、み」の組み合わせで大いに難渋しました。何度も諦めかけながら試行錯誤を繰り返し、最後に残った「ひ、ふ、み」をどう組み込もうかとしばらく思い悩んでいて、”そのままでいいじゃん” と「ひーふーみー」にして、完成。挙げたグッズが3つだったので命拾いです。

語法について。
「カボチャ・あめ 魔女を押さえて」の「押さえて」は、「コンサートのチケットを押さえる」のように手に入れるという意味で、ハロウィーンに必須のアイテムをゲットするということ。
「除けぬグッズ」を丁寧に記せば「ハロウィーンでは除くことのできないグッズ」となります。ここで挙げたカボチャにあめに魔女、さらにはゴーストやガイコツ、コウモリやクモの巣などですね。
「似せたわむれる」の「似せ」は「似せる」、つまり仮装することです。

さて、上記の語法に関しては、いずれもちょっと滑らかでない言い回しだと感じられるかもしれません。どのことばづかいも誤りではなく日本語としてきちんと通じるけれど、ふつうであれば別の言い方を選択するでしょう。たとえば「押さえて」なら「用意(準備)して」、「除けぬ」は――もっとも自然であろう「欠かせぬ」は「か」が重複していてNGなので――「外せぬ」といったように。
かなパズルにおいては自然な日本語に整えることが求められますが、表現までベストなものにすることは極めて困難です。仮装についても、「仮装」「よそおい(う)」「ばける」はどれも「ハロウィーン」と文字がかぶってしまう。ならばと「ふりをする」でやってみたけれど行き詰まる。ん~と煩悶しながら余った文字群とにらめっこしていて、「似せる」が思い浮かびました。「押さえて」も「除けぬ」も同様で、1度使用したかな文字はもう使えないという制約のなか、全体の組み合わせとバランスをとりつつ言い換えをさまざまに試みることで見出されたわけです。加えるなら、「グッズ」も個人的には「アイテム」のほうが望ましいと思っていました。

かなパズルを評価するうえで、適正な日本語であるかという点については容赦のない目で見ていただきたいですが、適正である範囲においての表現に関しては、その文脈で用いるには最善でない次善あるいは次々善(?)のことばづかいになる場合があることを許容していただきたいと思います。
そしてまた、文字使用に厳しい制約があるなかで表現をいかに工夫してまとめるかがかなパズルということば遊びの肝であり、作り手の腕の見せ所であるともいえるでしょう。ご覧になる方にもその点を頭に入れておいていただくと、あるいは苦闘の跡を感じとっていただけるのではないでしょうか。

最後に、「トリック・オア・トリート」も入れたかったけれど、これは文字がかぶりすぎていてさすがにどうにもなりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました