プロポーズ

  • プロポーズ 指輪とり出し 愛込め願う 泣き濡れ身を寄せ 手伸べ笑む 空にも満月 はや幸贈る
  • ぷろぽーず ゆびわとりだし あいこめねがう なきぬれみをよせ てのべえむ そらにもまんげつ はやさちおくる
  • プロポーズ。指輪をとり出し、愛を込めて願う。彼女は泣き濡れながら彼のもとへ身を寄せ、手を差し出して笑む。空にも満月が顔を覗かせて、はやくも幸を贈っているよ。

プロポーズの情景を描きました。

プロポーズといえば指輪がセットですが、「プロポーズ」と「指輪」だけでかなパズルで余りやすい文字を「ふ、ほ、ゆ、ろ、わ」と5つも含んでいる。だからぜひとも作りたいと思っていたテーマです。
でも、ほんとうに苦戦しました。トータルで10時間以上要したでしょう。
使い勝手の悪い文字をさきに使用できたからといって、単純に作成が容易になるわけではありません。しかも、こういうときに限ってそれらの文字が必要になることばが思い浮かぶ。かなパズルはやっぱり難しい。

内容の点から、タイトル、彼の行動、彼女の行動、2人を祝福する夜空、というように奇数句で区切ることができますが、その終わりがいずれもウ段で揃ったのは偶然にせよ気持ちがいいものです。

語法について。
「手伸べ笑む」の「伸べ」は「差し出す」。「救いの手を伸べる」などと使われますよね。指輪をはめてもらうために差し出したのか、はめてもらった手を差し出し――てウットリ眺め――たのか、どちらの解釈も可能でしょう。訳では前者にしましたが、お好きなほうで受けとっていただければ。
「空にも満月」に関して、この作品では「満月」と「お月さま」のどちらにするかがいちばん大きなポイントだったと思います。それぞれでさまざまに試行錯誤した結果、最終的に満月に。一度は使いたかったことばであり、作品を彩るすてきな役割を果たしてくれました。

恋愛をテーマにした作品をいくつか作ってきて、ハッピーな内容になったのはこれが初めてです。
かなパズルでは求める文脈に固執すると上手くまとまらない場合が多く、幸せな結末になるようひたすら心がけた今回は実際ものすごく苦労しました。
でもきっちりと収まり、すべてが報われたというものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました