女男織りなす絵巻物

  • 光源氏や 藤壺ら 女男織りなす 絵巻物 歌詠み率寝て 行方得ぬ色わざ あはれにぞせむ
  • ひかるげんじや ふぢつぼら めをとこおりなす ゑまきもの うたよみゐねて ゆくへえぬいろわざ あはれにぞせむ
  • 光源氏や藤壺たち、男女が織りなす一大絵巻物語。歌を詠んだり共寝したり、行方の知れない恋愛模様をもののあわれと繰り広げることだろう。

『源氏物語』を描きました。

日本で育ったなら「源氏物語」や「光源氏」のワードをご存じない方はいないでしょう。いっぽう現代語訳であっても『源氏物語』を読破した人となると、その数は激減するはずです。かくいう私自身、これまでに読んだのは全54巻のうちのごくごく一部にすぎません。読解力がたいしたこともないくせに原文で読まないと気が済まないので、完読できる可能性はかなり低そうです。なんといっても古典文学の最高峰、歯ごたえがありすぎて訳を参照しながらでないととても理解できません。内容把握についても全体の概要をふんわり捉えている程度だし複雑な人間関係もよく分かっていない。そんな私が ”『源氏物語』を描いた” なんてのたまえるのも、48文字で完結するかなパズルのおかげです。

当初入れようと思っていたキーワードは「光源氏」「紫の上」「女男」「絵巻物」「あはれ」。でも「紫の上」と「絵巻物」は「き」がかぶっている。内容から「絵巻物」のほうが大切だと判断し、「紫の上」を断念。人物は源氏だけにするしかないと思っていたら余った文字で「ふぢつぼ」が。藤壺も紫の上と並ぶ重要人物なので、これ幸いと採り入れました。

内容について少しご説明すると、「歌詠み率寝て」は恋愛の具体的な様子を表現しています。かつて、貴族たちの恋愛で歌のやりとりは必須でした。『源氏物語』でもたくさん詠み交わされており、「歌詠み」はそのままそのことです。「率寝」はナ行下一段動詞「率寝る」の連用形で、「共寝する」の意。仲良く隣り合って寝る、のでないことはみなさんお分かりですよね。
「行方得ぬ色わざ」の「行方得ぬ」は、ほぼそのまま口語で通じるはずです。「行方を得ない、どうなるか分からない」ということ。「色わざ」は「色」と「わざ」を並べたもので、「色」は「恋愛」、「わざ」は「行ない、行為」。「恋愛行為」はやや不自然なので、訳では「恋愛模様」としました。

この作品は自作で上位に入る出来です。文の組み立てもシンプルで語彙も基本的なものばかりだし、ことばづかいのどこにも無理がありません。訳をご覧いただければお分かりのように、内容についても物語の全体像が簡潔に示されており、本居宣長が『源氏物語』に底流していると説いた「もののあはれ」を表現できている。また文語ではあるものの、「率寝て」以外は現代語の感覚でほとんどご理解いただけるのではないでしょうか。
こんなふうに書くと自画自賛と思われるかもしれません。でもかなパズルの最大の目標は、いかに意味のきちんと通った適正な日本語表現に整えるか、にあります。それがこのことば遊びでもっとも難しいことなのですから。ということは評価の中心もそこにあるわけです。つまり日本語一般としての可否ということ。だから私が作ったものであろうとほかの人が作ったものであろうと、常識的・日常的な日本語の語法に則ってその出来を判断することができる。今回のように文語であれば、古典文法や古文の一般的なことばづかいに従っていることが基準となるでしょう。
もしことばづかいが不自然で内容もデタラメな自作に対して高評価を与えたら、日本語を母語とする者としての己の能力の低さを公言しているようなもの。そんな恥さらしにはなりたくないので、つねに注意深く自作を点検したのち、いち日本人としての自覚のもとに評価を下しています。

「あはれ」と「せ、そ、に、む」が余った状態で「あはれにぞせむ」と組み合わさって完成したのですが、その古文としてまったく自然な文句が浮かび上がったときには予定調和ででもあったかのようなかなパズルの不可思議さに感じ入りました。
ついでながら、ここでの推量の助動詞「む」は強意の係助詞「ぞ」を受けているので、終止形ではなく連体形です。学校で習った「係り結び」ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました