山聳え

  • 山聳え 尾の上に雲寝 風吹き下ろし 騒げる鳥居て 梢倦み 葉露垂れぬよ 目路なむ本意あらん
  • やまそびえ をのへにくもね かぜふきおろし さわげるとりゐて こずゑうみ はつゆたれぬよ めぢなむほいあらん
  • 山がそびえ、頂きにはそれを枕に寝ているように雲がかかっており、風が吹き下ろしてくる。――その風に合わせて下のほうに目を転じると――楽しそうに騒ぐ鳥がとまっているのを梢がいやがり葉露(涙)が垂れていることだよ。目に入る眺望は期待通りの素晴らしいものだ。

とある自然の情景を詠んでみました。

ある日の朝犬の散歩中、「山聳え、尾の上、川、雲居、風吹き」といった語が浮かび、帰宅後2時間ほどで完成。最後の句は少しまとまりがないけれど、全体的には悪くないと思います。

語法について少し述べると、「尾の上に雲寝」は「尾の上」すなわち「山の頂き」にかかっている雲を、頂きを枕に寝ているとした比喩。直訳的に記せば「山の頂上に雲が寝て」ということですね。「風吹き下ろし」で視点を上から下へ。「葉露垂れぬ」は梢がいやがって泣いていることに掛けて。といった感じになります。訳でほとんど説明しているのですが。また「目路」は、余った字でなにかないかと古語辞典を引いていて初めて知ったことば。しかも現代の国語辞典にも「めじ」で載っている。「眺望」のことだったのか。1つ賢くなりました。

文法についても1つ。最後の句「目路なむ本意あらん」の「なむ」は強意の係助詞、それを受けた推量・婉曲の助動詞「ん(む)」は連体形、ということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました