手に汗ホラー

  • 町の人混みへ モンスター 爪や牙鋭利 猶予なし 腑抜け襲われ 骸を重ねる 手に汗ホラー
  • まちのひとごみへ もんすたー つめやきばえいり ゆうよなし ふぬけおそわれ むくろをかさねる てにあせほらー
  • 町の人混みへモンスターが。その爪や牙は鋭利だ。一刻の猶予もないけれど、突然のことで腑抜けになった人々は襲われて骸を重ねる。手に汗を握るホラー映画。

とあるホラー映画の一場面を描きました。

当初はもう少し違う形ででき上がり、納得がいかなかったので改作。よくなったと思います。

積極的にホラー映画を観ることはありませんが、このジャンルでは『スクリーム』と『クライモリ』が好きです。
また、悲しいストーリーだけれど『サベージ・キラー』には途中に最後に胸を打たれました。
後味の悪さで印象に残っているのは『ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト 鮮血の美学』。映像も作りもしっかりしているけれどオススメできません。人のめられ方は私が観た映画のなかでもっともリアルに感じられるものでした。ご覧になる方は自己責任で。

なお、ちょっとしたお遊びで、作中の「襲われ」が爪で裂かれているところは「われ」を「割れ」と掛けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました