無常・泡・夢

  • 平家滅び 兵散りて 女臥す削ぐ 無常・泡・夢 変えられぬ穢土 起きまた寝 濁る身居させよ
  • へいけほろび つはものちりて をんなふすそぐ むじゃうあわゆめ かえられぬゑど おきまたね にごるみゐさせよ
  • 権勢を極めた平家は滅び、男たちは死に残された妻たちは泣き臥したり出家したりした。無常であり泡のように消え夢のごとくはかない、変えることのできないこの現実ではあるけれど、起きては寝てと、煩悩に囚われた身のまま生きていきなさい。

『平家物語』を題材に描きました。

冒頭の有名な文句「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」に示されているように無常観がこの物語のすべてなので、「無常」を必須のキーワードにしてスタート。
4句目までは比較的すぐ定まったものの、そこからがつづいていきません。日をまたぎながら試行錯誤し、都合4日を要しました。4日目の夕方、「かえられぬ」「おきまたね」の組み合わせを見出した時点でもまだ完成できる見込みがない。それが、寝しなに軽い気分で余った文字を眺めていたら「にごる」が見つかり、残りでひねり出した「ゑど」および「みゐさせよ」も文脈に適するように組み合わせることができる。ということで、ようやくでき上がりです。

内容が少し理屈っぽく説教っぽいとお感じになるかもしれません。もちろん意図的に教訓を垂れようとしたのではなく、かなパズルの組み合わせの結果です。ご了承ください。
文意に矛盾はないはずだしそこまで出来が悪いとも思わないけれど、『平家物語』の色合いをあまり出せませんでした。改善される予感があるのでぜひとも再挑戦したいです。

語法について。
「女臥す削ぐ」の「削ぐ」は髪の毛を削って尼さんになる、つまり出家することです。
「穢土」は扱いに困る「ゑ」を用いた語として使用したいと思っていたので実現できてうれしい。意味は「けがれたこの世」。
「濁る」は「煩悩に囚われる」。
「削ぐ」「穢土」「濁る」のいずれも、仏教的なことばという点で『平家物語』にそぐっているといえるでしょうか。
最後に、「起きまた寝」は現代でも「起き伏しを共にする」というように、日々を送ることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました