花火夜空を赤く彩る

  • 花火夜空を 赤く彩る 「玉屋」の声満ち 星も揺れ 煙におう 全部すべて 熱気冷めぬわ
  • はなびよぞらを あかくいろどる たまやのこえみち ほしもゆれ けむりにおう ぜんぶすべて ねっきさめぬわ
  • 花火が夜空を赤く彩る。あちこちから聞こえる「玉屋~」の掛け声が満ち、花火のきに星も揺れ、辺りは煙のにおいがたちこめる。これらの情景全部、すべての熱気が冷めないことだよ。

打ち上げ花火です。

作成について。
花火といえば夏の風物詩ですが、この作品が生まれたのは季節違いのある春の日でした。ふと「花火夜空を 赤く彩る」のフレーズが浮かんできて、ひと文字もかぶっていなかったので作ろうと思い立ったのです。かなパズルにとり組み始めたばかりのころで、いろいろと題材を探していたのでしょう。

内容と語法について。
「『玉屋』の声満ち」に関して、現代人が打ち上げ花火を見ながら「玉屋~」と声を上げることはほとんどないでしょう。シチュエーションに合わせたフィクショナルな表現です。あるいは、時代設定をもう少し昔にしてもいいのかもしれません。
「星も揺れ」は、打ち上げ花火がドーンと轟いたときの大気や身体が震動する感じを星に仮託して比喩的に表したものです。小学生のころにほぼ直下で見たことがありますが、炸裂するたびに心臓を中心として全身が揺さぶられた感じはいまもよく憶えています。
「全部すべて」に関して、終盤になって余ったのが「す、せ、て、ふ、へ、わ、ん」でした。このなかで文脈に適合する組み合わせは、思いつくかぎりでは「ぜんぶ」と「すべて」。同じ意味のことばを連ねるのはどうかと思ったけれど、1~5句までの興奮冷めやらぬ状況すべての強調ということなら不自然ではないと考え、そのままくっつけました。例えば極上のフルコース料理を堪能したとき、「もう全部すべてとってもおいしかった!」と感想を述べるのはおかしくないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました