はかなくも

  • はかなくも 世流れ往きし 一葉の あとに描ける 妙なる軌跡
  • はかなくも よながれゆきし いちえふの あとにえがける たへなるきせき
  • 樋口一葉は、川を流れゆく一葉のようにはかなくもこの世を去ったけれど、その描いた軌跡は奇蹟的ともいえる素晴らしいものであった。

樋口一葉へのオマージュです。

「空前絶後」という形容が一葉ほどに当てはまることばのつかい手もめったにいないでしょう。文章だけであれほど多くの人を魅了した書き手がほかにいるでしょうか。口語体で一葉のような文章を書くのはほぼ不可能だろうけれど、もしそんな作家がいてくれたら、とときどき夢想します。

語法について、「描く」は古語にはないようですがいちばんしっくりくるので用いました。「軌跡」は、傑作をつぎつぎに生み出したとされる、いわゆる「奇蹟の14ヶ月」に掛けています。個人的には、この期間のものよりまえの作品のほうが好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました