こぞりつんざく

  • 抜け殻を捨て こぞりつんざく 蝉の音まめに 揺るぎない 飛ぶもあわれ 用果たし終え 滅び止む 地へ
  • ぬけがらをすて こぞりつんざく せみのねまめに ゆるぎない とぶもあわれ ようはたしおえ ほろびやむ ちへ
  • 抜け殻を捨て、こぞってつんざく蝉たちの音。まめに鳴いて揺るぐことがない。飛んだりするのもあわれ束の間、一生の用を果たし終えれば死んで声も止む。そうして大地へ還っていく。

夏の風物詩、蝉です。

この時期、家の周りの木々では蝉たちが日がな1日鳴き通しです。2階の自室の窓からは音が直通で、大合唱になると暑さも助長されてたまりません。この喧噪については「い」ではなく「八月蝉い」と字をあててもよさそう。

そんな鳴き声を浴びていたある日の夕方、「つんざく蝉の音」の句が浮かんだので書き留めておき、後日作りました。
いざとりかかったら見る見るうちに進み、15分くらいで完成。久々の即興作であることに加え、ことばづかいも内容も申し分がない。まったく意識していなかったけれど、ほとんどが和語で構成されている。うれしいのはもちろんですが、この水準の作品がこうもあっさりできると拍子抜けというか、いつもの苦労はなんなんだろうという妙な空しさが生まれます。とりわけ前回苦汁をなめたこともあるかもしれません。どちらも運の絡むかなパズルがゆえ、ということなのでしょうが…。

あらかじめ用意しておいたキーワードはうえの句のほか、その存在の代名詞ともいえる「抜け殻」です。上手く内容に結び付けられるだろうかという不安をよそに、劈頭をいい具合に飾ってくれました。
作り始めてほどなく選び出したのが「あわれ」。蝉は命のはかなさの象徴としてとり上げられるからです。
同じことの裏返しかもしれないけれど、地上で過ごすわずかな期間を懸命に生きる姿も語られますよね。これは意図したというより組み合わせの結果ですが、「まめに 揺るぎない」で表すことができたのではないかと思います。
生を全うした蝉たちは地へ落ちひっくり返っている。「地へ」は訳の意味合いとともにそんな様子も含意しています。静けさが勝るころになると、暑さも和らいで季節の移り変わりが実感されますよね。

語法について、「つんざく」は好きな表現です。ふだんそう用いる場面もないけれど、近距離で耳にする蝉の鳴き声はまさしくそれ。まあそのおかげで「つんざく」を使うことができたし自作で上位に位置する作品も増えました。なにより、いまも聞こえてくるこの音こそが彼らの生命の躍動にほかなりません。今回こうして記事を書きながら改めて蝉に思いを馳せると、八月蝉(!)いのもほんの一時期のことだと我慢できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました