ナポレオン

  • ナポレオン エネミー退け 皇帝へ ヨーロッパ踏む あまた騒がせ 綺羅を譲るも 呑めぬと百日
  • なぽれおん えねみーしりぞけ こうていへ よーろっぱふむ あまたさわがせ きらをゆずるも のめぬとひゃくにち
  • ナポレオンはいくつもの戦いで敵を退ける活躍を見せ、皇帝の地位へ。ヨーロッパの地を蹂躙する。各地をおおいに騒がせたのち、栄華を極めた時代は明け渡したけれど、まだ諦めきれないと、ふたたび百日だけ天下を獲った。

フランスの英雄、ナポレオン=ボナパルトの生涯を描きました。

世界史における第一級の偉人であり、評価は毀誉褒貶さまざまだけれど知名度は群を抜いていますよね。高校の世界史に毛が生えた程度の知識しかないのですが、作品に即して簡単に足跡を記せば、出自は大したことがなかったものの、戦争で活躍することで(エネミー退け)名声を得ながらトップに登りつめて皇帝の位に就き(皇帝へ)、そののちヨーロッパをほぼ手中にします(ヨーロッパ踏む)。各地でさまざま暴れ(?)ながら(あまた騒がせ)も、勢いはしだいに弱まりロシア遠征で大失敗したことから暗雲が垂れ込め、ついには皇帝の地位を失い(綺羅を譲る)島流しに。でもまだ野心衰えず(呑めぬと)、エルバ島を脱出してふたたび皇帝に返り咲くも3カ月ほど(百日)で敗れ、彼の時代は終焉しました。いわゆる「百日天下」です。

「ナポレオン」と「皇帝」、そして「百日」をキーワードにスタートし、「ヨーロッパ踏む」辺りまでおおよそできたところから、おおいに苦戦しました。「綺羅」を思いついたことが完成へのきっかけになったと思います。当初はもう少し違う内容で完成したものの、いくつか気に入らないところがあったので日を改めて検討。その結果、ほぼ過不足なく収まってはるかによくなりました。
ナポレオンの生涯を46文字でまとめることなどそもそもできるはずがなく、いかに要所を外さず表現するかがさらに難しい。しかも、ただでさえ内容のコントロールが困難なかなパズルという条件下で。そのわりには、無理のない流れでまとまったのではないかと思います。1つの節目となる作品であったこともあり、2日がかりの甲斐がありました。自分のなかでは大切な一作になりそうです。

語法について。
「皇帝」と「エンペラー」は後者が「ナポレオン」と「ん」でかぶるので前者に。
「エネミー」は「enemy」で、”「敵」にしても「相手」にしても「皇帝」と字がかぶるなぁ” と困っていたら見つかりました。『エネミー・オブ・アメリカ』や『エネミー・ライン』のように洋画の邦題にも用いられています。口語作品はカタカナ語も利用できるのがありがたい。
「踏む」は「踏みつける」という意味合いで、訳では「蹂躙する」と強い表現を用いました。
「あまた騒がせ」はヨーロッパ各地で戦争を繰り広げたことを表しています。地理的に遠く隔たり利害関係もないわれわれ日本人にとっては、華やかなイメージを伴う英雄としてのナポレオン像に抵抗はないけれど、フランス以外のヨーロッパ諸国にしてみればたんなる侵略者ですよね。
「綺羅」はもともと「きらびやかな衣服」のことで、そこから「きらびやかなこと、栄華をきわめること」といった意味が派生しています。多くは「のごとく」の慣用句で見聞きするでしょう(正しくは「綺羅、のごとく」のようですが)。
最後「呑めぬと百日」の「呑めぬ」は、「その条件は呑めない」というときの使い方で、さきの句と合わせて直訳的に記せば「綺羅(=きらびやかな衣服=栄華の時代)を譲り渡したけれどもそれを呑むことはできないと、もう百日(奮闘した)」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました