仏の斎相

  • 仏の斎相 目声澄み 肌光り 足陸に やをら踏む 稜威もて落ち居る 我え比へぬ 真似詮無き
  • ほとけのゆさう めこゑすみ はだひかり あしろくに やをらふむ いつもておちゐる われえよそへぬ まねせんなき
  • 仏のそなえる神聖なお姿の特徴。その目や発する声は澄み、肌は光を放ち、足は大きく平らでそっと大地を踏んでいる。尊厳をもって落ち着いている。私にはとてもなぞらえることなどできないことであるなぁ。真似ようとするなど仕方のないことであるなぁ。

仏の身体にそなわるとされる32の特徴、すなわち「三十二」を詠みました。

いかんせん48字なのですべてを表現することはとてもできません。いちおう名称を挙げておくと、目にかんしては「真青眼相」、声は「梵声相」、肌の光は「金色相」および「丈光相」、足は「足下安平立相」。
「稜威もて落ち居る」は厳密にいうと三十二相のいずれにも当てはまらず、全体像を表現したもの。あえていうなら「上身獅子相」となるでしょうか。
上記のものを含め、三十二相に興味を抱かれた方はネットで検索されてみてください。なお、名称や読み方については文献によって多少の違いが見られ、一義に定まらないところがあるようです。私は『仏像の見方・見分け方百科』(河原由雄監修、主婦と生活社、1995年)に拠りました。

扱うテーマのせいか、文が全体的にじゃっかん難しい印象になりました(構造自体は単純です)。まずは語法から順を追ってご説明していきます。
初句「仏の斎相」は、「仏の相」が基本の意味で、すなわち「仏の姿」のこと。現代でも「相貌」などといいますよね。「」は名詞に付く接頭語で、「清らかな、神聖な」という意味を付与します。だから初句を訳すと「仏の神聖なお姿」となります。
「目声澄み 肌光り」はとくに説明の必要はないでしょう。訳の通りです。
「足陸に やをら踏む」について、「」は「平ら」ということ。現代ではめったに使いませんが、建築の分野で地面と水平な平らな屋根のことを「陸屋根」といいます。民家には少ないけれど、事務所やお店などでしばしば見られますよね。「平ら」ということから派生したのか、「きちんとしているさま、まともであるさま」という意味があり、「ろくでもない」の「ろく」がこの「ろく」です。話を戻すと、つまりは上述した「足下安平立相」のことで、仏さまの足の裏は平らになっていて土踏まずがないそうな。意外とお疲れやすかったのかもしれませんね。「やをら」は現代でも「やおら」で用いられる通り「静かに」の意。
「稜威もて落ち居る」の「稜威」は「尊厳」というような意味です。「御」を付けて天皇の威厳を表す「御稜威」の語はご覧になったことがある方もいるかもしれません。「もて」は現代でいえば「て」と同じこと。「落ち居る」はこれで一語で「落ち着いている」。したがってこの句を訳せば「尊厳をもって落ち着いている」となります。

最後の2句「我え比へぬ 真似詮無き」については、文法とともにご説明します。
まず品詞分解しておくと、「我え比へぬ」は名詞「我」、副詞「え」、ハ行下二段動詞「比ふ」の未然形「比へ」、打ち消しの助動詞「ず」の連体形「ぬ」。つづいて「真似詮無き」は名詞「真似」、形容詞「詮無し」の連体形「詮無き」。「比ふ」は「くらべる、かこつける」という意味、また「詮無し」は「しかたがない」という意味です。いまでもときおり「せんないことだ」などと使われますよね。
2句はいずれも連体形で終える形、いわゆる「体言止め」です。両方ともうしろの「こと」が省略されているとお考えください。体言止めは、「~だなぁ」という余韻を添える。だから訳とはまた少し違ったふうに表現すれば、「私なんかが身にそなえることはとうてい無理だよなぁ。真似しようとしたってどうにもならないよなぁ」といった感じでしょうか。われわれ凡人が仏さまのご様子と比較したりそれを真似たりなど、できるはずがないしおこがましい、というニュアンスを表現しました。
ちなみに、厳密にいうと体言止めは文末だけに当てはまるようですが、2句ともに余情をもった文末的な文句ということでご理解いただければと思います。
最後に、「我え比へぬ」は「え~(打ち消しの語)」の形になっており、意味は「~できない」。古文では頻出で、現代では「得も言われぬ」の表現にかろうじて見られますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました