夏の比喩を9

  • 胃もバテる、夏の比喩を9 汗・団扇 盆・虫・枝豆 かき氷 外避け部屋に 水風呂 寝られぬ夜
  • いもばてる なつのひゆをく あせうちわ ぼんむしえだまめ かきごおり そとさけへやに みずぶろ ねられぬよ
  • 暑さで思わず胃もバテる、そんな夏の比喩を9つ。汗。団扇。お盆。虫。枝豆。かき氷。日中の外出は避け、クーラーを適切に使用して屋内で過ごしましょう。水風呂。暑苦しくて寝られぬ夜。

夏を象徴する事物を挙げました。

余りやすい「ほ」を含む「お盆」を使いたいという思いがずっと頭の片隅にあり、それが作成のきっかけです。
お盆だけで話題を引っ張るのは難しく、列挙シリーズになりました。

各句について。
猛暑日は呼吸をしているだけでも「汗」が出てきます。
最近はミニ扇風機をよく見かけますが、さしずめ現代版の「団扇」といえるでしょうか。
毎年お盆の時期は墓参りへ。「お」は抜けたものの、「盆」を使用できて念願成就です。
カにガ、ハエやゴキブリなど、この季節は喜ばしくない「虫」がたくさん。もちろんカブトムシやセミ、カマキリやバッタといった子供に人気のある昆虫も。とにもかくにも多い。
「枝豆」はビールとの抱き合わせを狙っていたけれど、組み合わせの都合で断念しました。
「かき氷」は言わずもがなの定番です。
「日中の外出は避け、クーラーを適切に使用して屋内で過ごしましょう」というフレーズは夏季のニュースでしょっちゅう耳にしますよね。
じつは、私自身は「水風呂」に入ったことがほとんどありません。小学生のころが最後だと記憶します。
「寝られぬ夜」は熱帯夜を指して。夏は暑いのが当然だという思いもあってクーラーをつけて寝るのが好きでなく、よほどのとき以外は扇風機でしのぎます。今夏は例年になくラクでした。

お気づきの方がいるかもしれませんが、初句「胃もバテる」も夏の比喩なので、本来は全部で10あります。
9という数に帳尻を合わせるため、ごまかし…、いえ上手に調整しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました