寒き日鍋を

  • 寒き日鍋を 湯気立ち昇り 笑顔幸せ 温められる 五臓六腑は 余韻に富み 寝ても止まず
  • さむきひなべを ゆげたちのぼり えがおしあわせ ぬくめられる ごぞうろっぷは よいんにとみ ねてもやまず
  • 寒い日には鍋を。湯気が立ち昇ると思わず笑顔になって幸せ。温められる五臓六腑は余韻に富んで、寝入ってもポカポカとしたままだね。

鍋でポカポカ、です。

もともとは余りやすい「そ、ふ、ろ」を含んだ「五臓六腑」を使いたいがために作り始め、なんとなくお酒の場面をイメージしていたけれど鍋になりました。

「き」がこの作品のキーピースに。どれだけ試行錯誤しても上手いこといかず苦しんでいたのが、「寒い」だったのを「寒き」にしてみたところ、ほかの文字も全体の文脈もおもしろいようにきれいに組み合わさってすべてがピタリと収まったからです。
これほど劇的なことは初めてで驚くとともに、かなパズルでは1文字がその出来を大きく左右することを改めて痛感しました。

語法について。
「寒き日鍋を」の「寒き」は厳密にいえば文語法です。でも「清き1票」や「古き良き時代」など、現在でもしっかり生きています。
「温められる」は「める」の受身形。「める」ばかりが用いられるためにほとんど見かけないけれど、生粋の名古屋人である母方の祖父は、間に「と」を入れた「とめる」の形でよく使っていました。こちらは辞書には載っておらず、ネットで調べてみると案の定名古屋弁のようです。

この季節はやっぱり鍋がおいしい。グツグツ煮立って湯気が湧き上がってくる様子を見ていると自然と気持ちが明るくなりますよね。
コロナ禍で暗く沈みがちな状況ですが、鍋で心と身体を温めて、少しでも元気を出す具材にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました