知恵・理路・比喩も確か

  • ゼノン・ソクラテス ヘーゲル・ポパー 知恵・理路・比喩も確か 行ない不滅 敬われ 世に見ぬ跡を 刻むね
  • ぜのんそくらてす へーげるぽぱー ちえりろひゆもたしか おこないふめつ うやまわれ よにみぬあとを きざむね
  • 古今の偉大な思想家・哲学者たち。ゼノンにソクラテス、ヘーゲルやポパー。知恵はもちろんその理路も、用いる比喩もしっかりしており、業績は不滅で敬われ、世に見ぬ足跡を刻んだね。

古今の思想家・哲学者を挙げてみました。

口語で余りがちな文字をできるだけ含んだ人物を意識してピックアップしていったため、最初の2人からヘーゲルへと一気に時代が飛んでいたり、カール=ポパーは少し毛並みが違うのではないかなど、いろいろと不自然なところはあると思います。そこは制約の厳しいかなパズルということでご勘弁を。

ポパー以外の3人の名前については、ゼノンのパラドクス、毒杯を仰いだソクラテス、弁証法のヘーゲルなどなど、ほとんどの方がどこかしらで耳にしたことがあるのではないでしょうか。
彼らに比べて一般的な知名度は低いけれど、思想の世界ではポパーも著名な人物です。ほぼ20世紀を通して生き、「反証可能性」という有名な概念を提示しました。どんな理論であれ、それが「科学的」であることを謳うのならばつねに誤っている可能性を有していなければならない、というものです。たとえばある宗教家が「すべては神の恩寵だ」と標榜しているとして、いいことがあると「神の恩寵だ」と言い、悪いことがあっても上手い具合に論を展開して「神の恩寵だ」と言う。一事が万事その調子で、なんでも「神の恩寵だ」で説明する。こうなると、つねに正しいことになって批判のしようがありません。一見すると完璧な理論のように思えるけれど、それってじつはなにも言っていないことと変わらない。つまりは内容がなくて役に立たないわけです。そのような主張は科学的でないとポパーは唱えました。私の説明はかなり雑ですが、反証可能性は科学と非科学とを線引きするうえでの有用な基準として認識されています。興味深い考えなので、関心をもたれた方はネットで検索されてみてください。

多くの方がご存じであろうニーチェを入れていたものの、組み合わせの関係で最後の最後に断念。残念。

コメント

タイトルとURLをコピーしました