祭りへ行けば

  • 祭りへ行けば 例の路地に 出店居並び お面綿菓子 遊ぶや踊る 幸生む声す えも寝ぬ夜祝ぐ
  • まつりへゆけば れいのろぢに でみせゐならび おめんわたがし あそぶやをどる さきうむこゑす えもねぬよほぐ
  • 祭りへ行くといつもの路地に出店が並んでいて、お面や綿菓子が売られ、子供たちは遊び回り盆踊りをする人たちもいる。幸せを生む、そんな華やいだ声が響きわたっている。とても寝られないような素晴らしい夜を祝福するよ。

ある夜の祭りの情景です。

当初はまったく異なるモチーフを主題にしようとしていたのに、あれよあれよと祭りへシフト。でも出来には満足です。終わりの3句がすべて終止形なのは珍しいけれど、韻というか響きとして悪くないし、内容も祭りのお祝い気分にそぐっているし。
文語ではありますが、口語としてもおおよそ通じるのではないでしょうか。

語法について。
舞台は現代を想定しているので「出店居並び お面綿菓子」の「出店」や「お面」、「綿菓子」は古語にはありません。意外なことに「居並ぶ」も古語にないようです。もし文語に従うことが要求されるのであれば、「、並ぶ」の複合語ということでご理解ください。
「例の路地に」の「例の」は「いつもの(ように)」という意味で、古文では頻出です。また、「ろぢ」には「露地」もあり、それぞれの意味とも現代の「路地」および「露地」とはじゃっかんニュアンスが違うらしい。意味としてはいずれでも問題がないので、ここでは「路地」にしました。
「遊ぶや踊る」の「や」は間投助詞で、とくべつな意味はなく語調をととのえるためです。
古語では「幸」を「さき」あるいは「さち」と読みます。「い」を古語では「ひ」といい、『古事記』の「海幸彦」「山幸彦」はそれぞれ「ウミサチビコ」「ヤマサチビコ」という。現代語は「さち」だけですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました