ネットの誹謗

  • ネットの誹謗 不満放ち 群がる呪詛 傷負わせたり 殺めさえも 汚れて醜い ベロを抜け
  • ねっとのひぼう ふまんはなち むらがるじゅそ きずおわせたり あやめさえも よごれてみにくい べろをぬけ
  • ネットの誹謗。中傷する者が内に抱える不満をここぞとばかりに放ち、群がってくる呪詛である。じっさい被害者の心身に傷を負わせたり、ときに死へと追いやることさえもあるのだから。そんな汚れて醜いベロなんか抜いてしまえ。

ネットでの誹謗中傷についてです。

しばしば社会問題にもなるネットの誹謗中傷。
数や勢い、そして匿名性をんだ、たいへんに見苦しい行為です。
誹謗中傷は、する者が原因はさまざまにあれ心に溜め込んでいるヘドロのような不満のはけ口として放出されるわけで、その粘り強さを軽んじることはできません。束になって降り注いだら耐えられなくなる人がいるのは当然でしょう。安易な憶測に基づくデタラメを書き立てられたりプライベートなことを明かされたりと、「読まなければいい」「無視すればいい」では済まないこともあり、それらはほかごとをしていてもつねに「気」になって心に身体にまとわりつき、しだいに心身が摩耗していく。心身を病み、さらには自ら命を絶ってしまう最悪の結果が起きるのもむべなるかなと思います。
思想家の内田樹さんが、ネットでの誹謗中傷をいみじくも「呪い」とおっしゃっていました。まさしくその通りですよね。だれだか特定できない人間からの下劣なことばを通した念によって、心に身体にじわじわと実害を被るのですから。自分が直接手を下すことなく相手に死をもたらすことにもなれば、それこそ呪いの成就そのものでしょう。
一昔前のいじめもひどいものだけれど、まだ互いの顔が見えていました。面と向かって攻撃されれば、それはそれで辛いものがあるにしても状況は異なります。いざとなれば仕返しもできますし。でも実体がないとこちらからは向かっていきようがない。ネットの怖さはまさにその匿名性が加わったことですよね。それによって呪いと化した。さらには、指を動かすだけという簡便さ。もう加害者側は呪いたい放題です。
作中では図らずも「ベロを抜け」などと強い表現が出たけれど、ほんとうにそんな輩のベロは抜いてしまいたい。とにもかくにも、個人だけの対応に任せるのではなく、社会的な対策を講じることが不可欠でしょう。

作成について。
「ネット」と「呪い」をキーワードに始めました。ところが、さまざまに試行錯誤するなかで「醜い」を入れたいと考え、となると「い」で重複する当初のキーワード「呪い」を使うことができません。そこで同じ意味の「呪詛」に変更しました。実はまだ発表していない別の作品ですでに「呪い」を用いていたこともあり、使い回しはイヤだからと「呪詛」を第2候補として用意していたのです。扱いに困る「ろ」を含んでいるから変えたくない気持ちもあったけれど、守りに入らなかったのが結果的には功を奏しました。引き換えにやはり余りがちな「そ」や「ゆ」を使用することができ、「ベロ」を見出すこともできましたし。
「呪い」をそのまま固持していたら内容も相当違うものになっていたのは間違いないでしょう。それどころか、未だ完成に至っていない可能性だって考えられます。
かなパズルはでき上がるまでどうなるか、作り手にも読めません。

語法について。
とりたてて説明を要するものはありませんが、完成した作品を眺めてみると、話題に合わせるようにことばも禍々しいものが多くなりました。厳しい制約があることば遊びなのに不思議なもので、かなパズルの、またかな文字の、ひいては日本語の奥深さを感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました