地を経それ行け

  • サツキメイ トゝロに出会う ほらふんわり 楽しみな マル秘ねこバス お迎えよ 地を経それ行け 矢も抜くぜ
  • さつきめい ととろにであう ほらふんわり たのしみな まるひねこばす おむかえよ ちをへそれゆけ やもぬくぜ
  • サツキとメイはトトロに出会う。ほーらトトロはこんなにふんわり。みな楽しみに待っている、秘密のねこバス迎えに来たよ。大地の上を駆け抜け行こう、矢も抜くほどのスピードで。

初めての口語作品です。口語で作るならなにがいいかと考えたとき、国民的アニメともいえるジブリ作品が適していると思い、そのなかでも代表作の1つであろう『となりのトトロ』を選びました。

口語は文語に比べて自由度が低く、しばらくの間はまるでできる気がしませんでした。それでもあれやこれや難渋しながらやっているうちにコツのようなものがつかめ始め、なんとか完成。出来はどうか分かりませんが、思い入れがあります。

「トトロ」は「と」がかぶっているけれど、この名前を欠かすことはできないので繰り返し符合「ゝ」を使用しました。言い換えのきかない名詞、およびオノマトペについては、繰り返し符合を認めるべきだと考えます。ただでさえ制約の厳しいかなパズル、「トトロ」のような固有名詞、「鏡」や「せせらぎ」のような魅力的な一般名詞、「ドキドキ」「メソメソ」などのオノマトペも使えないとなると、作品の幅がますます狭まりますよね。同語反復だから作成の難易度がそう変わるわけでもありません。短歌における「字余り」などと同様、かなパズルの意義を踏まえたうえでの例外は許されていいと思うのですが、いかがでしょうか。

主要キャラクターを盛り込むことができたのは満足だけれど、「矢も抜くぜ」の「ぜ」がジブリの雰囲気に合っていない気がしてそこが悔やまれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました