埋もれへばらぬ

  • YOASOBIの テンポユニーク 前を向ける ストーリーや 音色際立つ 伏し目がちな 身起こさせ 埋もれへばらぬ
  • よあそびの てんぽゆにーく まえをむける すとーりーや ねいろきわだつ ふしめがちな みおこさせ うもれへばらぬ
  • YOASOBIのテンポは他に類を見ない。前を向いていける物語や音色が際立つ。彼らの希望ある音楽は、閉塞的な現代社会にあってともすれば伏し目がちになる身を起こさせてくれ、聴いていれば現状に埋もれてへばることはない。

人気音楽ユニット、YOASOBIです。

今回はYOASOBIの音楽に抱く個人的な感想を述べつつ、それにもとづいて作成された作品の内容をご説明していきます。

まず初めに、YOASOBIが提供するようなタイプの楽曲を、少なくとも私はいままで聴いた覚えがありません。音楽についてはずぶの素人だけれど、「テンポ」がとても独特だと感じられる。だから「ユニーク」と表現しました(後述の語法のところもご覧ください)。この2つの語は、YOASOBIで作ろうと考えたときに――余りやすい「ほ」と「ゆ」を含むこともあって――最初から設定していたキーワードです。
『群青』をきっかけに聴くようになったのですが、そのうち1曲ごとにくっきりした物語が描かれているようだと気づきました。ネットで調べてみると、各曲はそれぞれ1つの小説を題材に作成されているそうで、そうだと知ればなるほど納得です。それにしても、1、2曲ならまだしもすべてがそのように作られているなんて、ほかでは聞かない手法ではないでしょうか。とにもかくにも「物語」か「ストーリー」を入れたいと考え、組み合わせの結果後者が選択されることになりました。
ところで、最近の曲はめったに聴かない私がYOASOBIの音楽に惹かれる最大の理由は、物語――とそれを支える楽曲――に通底する前向きさにあるのかもしれません。「前を向ける」という形容はそういうことです。
それでなくとも現実は悲しみや苦しみ、辛みや悩みに満ちており、せめてフィクショナルな物語を紡ぐなら、過程でどれだけイヤなことがあろうと最後は笑顔で終われる、そうあって欲しい。とりわけ現代の日本社会が先行き不安な閉塞状況にあることはみなが肌で感じているはずですし。そんな私ですから、映画もハッピーを感じる終わりでないと胃の辺りがムカつき、どう解釈しても救いのない作品を観ると数日間やりきれない気持ちになります。
私の好みはいても、YOASOBIの音楽が広く受け容れられるのは、曲自体の斬新さと素晴らしさに加え、その世界観が――物語の結末自体は必ずしもハッピーエンドと言えない場合でも――つねに希望や明るさを感じさせる内容であることも一因になっているのではないでしょうか。
ということで、彼らの曲に元気づけられる様子を最後の3句で表して結びとなります。

作成について。
こんなに苦しんだのはいつ以来だろう、と感じるほどの大苦戦でした。感覚的には「Mrs. GREEN APPLE」のときに近いような。
最後の3句で大いに難渋し、ここだけで3~4時間費やしたでしょう。いくつかの語句を拾い出しても、前半部分の語句と整合的な文意を形成できない。文字がかぶってしまう、余ってしまう。ウンウン唸りながらひたすらに試行錯誤を重ねるなか、「ふしめがち」を見出したことでゴールへの道筋が見えました。
ものすごく疲れたけれど、紆余曲折のすえに自分なりのYOASOBI像をほぼ表現することができ、印象深い一作になりそうです。

語法について。
カタカナ語の「ユニーク」には、「あいつはユニークな奴だ」のように「ちょっと変わった」という少しばかりマイナスのニュアンスも含んだ場合がままあるけれど、この作品では訳に示した通り「他に類のない」とか「唯一の」といった「unique」の正統な意味で用いています。

最後に、この作品は1、2句でYOASOBIの特徴を提示し、3~5句でその音楽について具体的に述べ、6~8句はそこから元気をもらうという構成になっていますが、「プロポーズ」と同じく内容的な区切りがいずれもウ段で終わったのは、もちろん今回も偶然だけれどまとまりがある感じでうれしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました