無惨な殺し屋

  • 狙われ馳せるも 弾命中 細首を 突き抜けて伏す あの世へ 見取り笑顔に 無惨な殺し屋
  • ねらわれはせるも たまめいちゅう ほそくびを つきぬけてふす あのよへ みとりえがおに むざんなころしや
  • ターゲットは狙われ走って逃げるも、弾は命中。細首を突き抜けて、倒れ伏す。ほどなくあの世へ。その様子を見取り笑顔に。無惨な殺し屋だ。

とある殺しのワンシーンです。

5句目まではターゲットに、6・7句はヒットマンに焦点の当てられた描写になりました。
殺し屋にはクールな人物像を求めていたものの、頭部でも心臓でもなく首を撃ち抜くわ、相手の死にゆくを見届け笑顔になるわと、組み合わせの結果はかなりのサイコパスみたいです。やはりかなパズル、そう易々と図に当たりません。

語法について。
とくべつ説明を要する箇所はありませんが、「見取り」はそのままの意味である「見て取る」と、もう1つの意味「病人の最期を見守る」とを重ね合わせていただくと、殺し屋の冷酷さがより強調されるでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました