秋は夕べ。

  • 秋は夕べ。空冴え渡り、トンボ身を寄せ、虫の音止まぬ。眺め、思いにふける頃。筆致優れて。
  • あきはゆうべ そらさえわたり とんぼみをよせ むしのねやまぬ ながめおもいに ふけるころ ひっちすぐれて
  • 秋は夕べがいい。空は冴え渡り、トンボはつがいで仲良く身を寄せ、心地いい虫の音は止まない。そんな情景を眺めて思いにふける頃。素晴らしい秋の夕暮れ時に執筆したせいだろう、この文章もわれながらペンの運びがよく優れたものになって。

秋にまつわるさまざまです。

四季のうち、秋に関する作品を作っていなかったのでチャレンジしました。
秋といえば、夕暮れ時、冴え渡る空、涼やかな風、夜長、紅葉、トンボ、虫の音、食欲、読書、物思い、物悲しさ、といったワードが浮かびます。
余りやすい「ほ」「ゆ」を含む「トンボ」と「夕暮れ」を始めに設定し、進めていきました。
悩み抜いたすえ、夕暮れ時を主題にした一作が完成です。

今回は随筆風の装いで。
とりたてて意識していたわけではないものの、有名な清少納言『枕草子』の「秋は夕暮れ。…」と書き出しも内容的にも重なったので、ならばに倣おうというわけです。かなパズルを文章形式で作成したいとも思っていましたし。
2文目は自然の情景を、3文目はそれらを眺めながら物思いにふける様子を、最後は秋の夕べの偉力が自身にも及ぶを描き出しました。

語法について。
「秋は夕べ」の「夕べ」は夕暮れ時のこと。
2文目の冒頭「空冴え渡り」は、秋の気候を表す定型句「冴え渡る秋空」を表現したものです。冬の気配を感じさせる、少しひんやりして澄んだ空気は気持ちがいいですね。
「トンボ」は秋の代名詞。つがいと思しき赤トンボが「身を寄せ」たり離れたりを繰り返すまじい様子はどなたもご覧になったことがあるでしょう。
「虫の音」は『枕草子』でも挙げられていました。セミの暑苦しい(?)鳴き声とは打って変わって、こちらは風情にあふれ涼を感じさせてくれます。夕方から夜にかけてはいろいろな虫たちのハーモニーが辺り一面に響き、とくに鉦叩きの控えめなキンキンキンキンというが大好きで、いつまで聴いていても飽きません。
3文目の「眺め」は文字通りで、うえに挙げた情景を眺めることですが、古典の世界で「眺め」といえば「物思い」というとても大切な意味をもちます。高校の国語でも必ず習うので、覚えている方もいるでしょう。古文が好きな私は、「ながめ」を見出したときに当然そのことを意識し、結果すぐあとへその口語訳である「思いにふける」がつづくことになりました。したがって、「眺め、思いにふける」という一連の文句は、口語と文語が掛詞を媒介としながら複層的に絡み合った表現といえるでしょう。この辺りについては、かなパズルでこのように適切で複雑な修辞がなせることの不可思議さというものを、文面をお読みになりながらじっくり感じとっていただきたいです。
ちなみに、「思いにふける」は個人的には「物思いにふける」のほうがよりなじんだ言い回しですが、「物思い」はこれ自体で「も」が重複しているため使えませんでした。もちろん「思いにふける」もきちんとした成句です。

最後、「筆致優れて」の「筆致」は「文字や文章の書きぶり」といった意味です。愛着のあることばですが、あまり見聞きしない方もいるかもしれません。
ここの一般的な意味としては訳の通りで、秋の夕べの素晴らしさをずっとってきて、それを自身でも実感しながら最後の1文を記している、という構成です。
いっぽう、「筆致」をかなパズルに当てはめれば、「ことばづかいや結構がどれだけしっかり整っているか」という意味合いにも解釈できるでしょう。
そうすると、裏の意味としてつぎのようにもとれます。つまり、難解な条件の課されたことば遊びでありながら、秋を代表する語句を「夕べ」「冴え渡る空」「トンボ」「虫の音」「物思いにふける(=眺め)」とふんだんに盛り込め、口語と文語の変則的な掛詞を実現し、全体を通しても無理のない優れた日本語表現にまとまった。それもまた、秋の夕暮れ時という時間帯に作ったおかげなんだろうなぁ、と。
手前味噌と不快に思われたら申し訳ありませんが、裏の意味には作り手としての自負が込められているとご理解ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました