色は匂へど

  • 色は匂へど かりそめの 誰もつね居ぬ 浮世道 朝夕織らん 理由を得で 是非なく笑まむ 過ごしやる
  • いろはにほへど かりそめの たれもつねゐぬ うきよみち あさゆふおらん わけをえで ぜひなくゑまむ すごしやる
  • 花は美しく咲くけれどかりそめのものにすぎない。われわれにしてもずっとこの世にいることはない。でも、どうして世の中がそうなっているのか理由が分からくても、それはそれとして毎日それぞれに生活していこう。とにもかくにも笑おう。そうやって過ごしていく。

私なりのいろは歌です。

本家の「いろは歌」は仏教のある思想を表現しているとされます。その通りだとしても、内容は難しいですよね。専門家によって解釈に違いが見られ、意味も一義に定まらないところがある。古文に親しんでいる方ならお分かりだろうけれど、語法・文法の点からも難があります。
ということで、もっと分かりやすい内容にしました。この世の真理だとか根源だとか、そういった難しいことが分からなくても別にいいじゃない、あまり気にせず楽しくやっていこうよ、という具合に。

初句は「いろは歌」への敬意でまったく同じにしてスタート。いろいろと苦戦し、都合3日ほどかかったけれど、七五調できれいにまとまり、納得のいく出来になりました。

語法について、「浮世道」は一語のワードではなく、「浮世」と「道」をくっつけたもの。「浮世」は「この世」のことですが、悲観的な意味合いの強いことばです。だから直訳的に記せば「はかないこの世の道のり」というような感じでしょうか。
「あさゆふおらん」は、まず「朝夕織らん」で「朝に夕に織りものをする」つまり「毎日各人なりの仕事やなんなりをして生活を送る」ということが基本の意味にあり、そこに「麻(あさ)木綿(ゆふ)織らん」で「麻や木綿を織る」に掛けています。いわゆる「掛詞(かけことば)」ですね。
「理由を得で」は「理由を得ないで」、つまり「どうしてこの世がはかないか、その理由は分からないままに」ということ。
「是非なく」は「是も非もなく」、つまり「いいも悪いもなくひたすらに」ということ。
後半の「朝夕織らん」と「是非なく笑まむ」は、対句みたいな響きになりました。かなパズルでここまで意識的に作ることはできないからもちろん偶然ですが、ちょっとうれしい。
ちなみに、語法の点でおそらくこの使い方は難があるだろう箇所が1つあります。本家にも難があるのだから、というわけではないけれど、ご指摘があるまではひっそりと。

文法について、「色は匂へど かりそめの」と「誰もつね居ぬ」が、それぞれ4句目の「浮世道」にかかるという構造になっています。訳ではごちゃっとしてしまうので分けました。
「理由を得で」の「得で」はア行下二段動詞「得(う)」の未然形「得(え)」、打ち消しの接続助詞「で」。訳は、さきほど語法のところに記したとおりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました