休みなし

  • 子らの願い 袋へ詰めて 地球を回る 休みなし 汗に濡れ冷え 頬削げサンタ 「予はもームリ!」と
  • こらのねがい ふくろへつめて ちきゅうをまわる やすみなし あせにぬれひえ ほおそげさんた よはもーむりと
  • 子供たちの願いを袋に詰めて、地球を回る。……。忙しくて休む暇もない。汗に濡れ身体が冷えて頬の削げたサンタさん、「予はもームリじゃ!」だってさ。

クリスマスですが…。

クリスマスは、最重要のキーワードであるクリスマス自体が「す」でかぶっており使えません。「サンタ」「プレゼント」「トナカイ」「煙突」「靴下」など、代表的なことばをいくつか思い浮かべてもなにかしら文字が重複してしまう。だから作る気はあまりありませんでした。
でも最初の2句が閃いたときにいけそうだと感じ、チャレンジしてみることに。クリスマスらしいすてきな雰囲気をイメージしながら。
ところが、いい感じだったのは3句目までで、4句目からガラリと様相が変わり…。「汗に濡れ冷え」や「頬削げ」が見えた時点で ”あ、これはもうおふざけのパターンだな” と腹をりました。
想定どおりに事の運ばないのがかなパズル。それでも、前半と後半のギャップはなかなかおもしろいものになったと思います。

語法について。
尾句「『予はもームリ!』と」に関して、全体を調整すれば「『もームリ!』と」にすることができます。
ただ、「予は」を入れることで、お殿様ではないけれど、偉い人がその地位をに自己顕示している、そんな様子が加味されてよりユーモラスになると思いました。サンタさんほど世界中に知られたセレブ(?)もそうはいません。にもかかわらず、クリスマスには重労働を強いられ青息吐息。お疲れ様です、サンタさん。
ところで、「もー」の正確な表記は言わずもがな「もう」です。
「毎日が楽しい、そんな日々はもう過ぎ去ったのだ」といったの文章で「もー」としたら不自然ですが、今回のように投げやりな言い方や「まったくもー!」と怒っている場合などには長音を用いた「もー」で問題ないでしょう。
ただし「う」が使えなかった言い訳と思われるのもあれなので、さきほどの「予は」を含め全体を少しずつ組み替え、以下のように別の組み合わせも提示します。

  • 子らの願いを 袋へ詰めて 地球回るよ 休みなし 汗に濡れ冷え 頬も削げ サンタは「ムリ!」と
ニュアンスは変わらないですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました