天 地 風

  • 山 谷 雲居  天 地 風  小夜 星 月 湯  尾の上 室  梢 根 花 沼  泡 煙  海松布 鰭 音  磯 浦 江
  • やま たに くもゐ  てん ぢ かぜ  さよ ほし つき ゆ  をのへ むろ  こずゑ ね はな ぬ  あわ けぶり  みるめ ひれ おと  いそ うら え
  • 自然の事物。山、谷、雲、天、地、風、小夜、星、月、湯、山頂、室、梢、根、花、沼、泡、煙、海松布、鰭、音、磯、浦、江。

「いろは歌」よりもまえに作られたかなパズルである「あめつち」に模して、自然の事物を列挙してみました。

現代は古語辞典が完備されているので、ちょっとした根気があればそこまで難しいことではないでしょう。
せっかくなので正確な七五調にし、それぞれの句にはできるだけつながりのあることばを集めるよう努め、かつ読誦性(声に出しての読みやすさ)を意識した配列にしました。

語について、訳にもある通り「雲居」は雲、「尾の上」は山の頂上。いずれも「わたの原漕ぎ出でて見れば久方の雲居にまがふ沖つ白浪」、「高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞たたずもあらなむ」と、百人一首で用いられています。
「室」は自然の岩屋と人工的な部屋のいずれも意味します。「あめつち」で使われていることからしても、「む」や「ろ」は昔から使いどころが少なかったのでしょうか。
海松布」は古文でときどきお目にかかることばで、海藻の一種です。終わりの2句はほぼ海にまつわることばになりました。
最後に読みについて、「地」は「ぢ」、「沼」は「ぬ」。どちらもいまとは少し違いますよね。同じものなのにどうして呼称が変化するのでしょうか。不思議です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました